ドルトムント戦で復帰?ハノーファー監督が清武弘嗣を絶賛「ずば抜けたフットボーラー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ハノーファーを率いるミヒャエル・フロンツェック監督は、一時帰国から戻る予定のMF清武弘嗣を次節ボルシア・ドルトムント戦に向けた招集メンバーに含めたいと考えているようだ。ドイツ『キッカー』が同監督のコメントを伝えている。

今月1日には、清武が「家庭の事情により急きょ日本に向かう」とハノーファーが公式ウェブサイトで発表。『キッカー』はその事情が「深刻」なものだったとしながらも、清武は7日にドイツに戻ってくる予定だと報じた。

清武は6月の代表合宿で右中足骨を骨折して手術を受け、先日チーム練習に復帰したばかりだった。日本に一時帰国したことで、当初実戦復帰が予定されていたインターナショナルウィーク中の練習試合には参加できなかった。

攻撃面の創造性の欠如が新シーズンの課題となっていることもあり、フロンツェック監督は清武を12日のドルトムント戦に向けて構想に含めているようだ。「戻ってきたら彼と話すよ」と語る指揮官は次のように続けている。

「ドルトムント戦に関してだが、私は彼のことも考えている。キヨの実力は把握しているし、彼は私に何も証明する必要はない。ずば抜けたフットボーラーだよ」

ホームに迎えるドルトムントは開幕3連勝で首位と好調。「彼らは2年前の姿を取り戻している。我々にとっては大きなチャレンジになるだろう」とフロンツェック監督も警戒する様子を見せている。負傷明けの清武が首位チーム撃破の秘密兵器となるのだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150907-00000022-goal-socc

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加