【動画】本田圭佑のゴールをアシストした宇佐美貴史「DFを抜いてシュートも考えた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 18

2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選が8日に行われ、日本代表はアフガニスタン代表に6−0と快勝を収めた。試合後、70分から途中出場し、チーム6点目のアシストを決めたガンバ大阪所属のFW宇佐美貴史が記者団の取材に応じている。

宇佐美は試合後、「もう1点取るために出されてると思う」と途中出場の意味を語ると、「得点を作り出すことは狙っていた」と狙い通りのアシストだったと明かした。

また、クラブと代表で、同試合を含めてここ9試合ゴールのない宇佐美は、アシストの場面について、「いいところに(香川)真司君が落としてくれたし、DFを抜いて、シュートも考えたんですけど、中の方がより確実だろうと思って出しました」とコメント。自らシュートを放つ考えが頭をよぎるも、確実にゴールを奪う方を選んだと明かしている。

日本代表は、10月8日に行われる同予選で、オマーンの首都マスカットにてシリア代表と対戦する。

http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20150909/348261.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加