【動画】絶妙スルーパスで先制点演出に清武弘嗣「3カ月ぶりの試合でワクワクしてた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ブンデスリーガ第4節が12日に行われ、骨折で戦線を離脱していたハノーファーの清武弘嗣がドルトムント戦で復帰を果たし、今シーズンから着用する背番号「10」も披露した。

試合は、好調の香川真司が所属するドルトムントに逆転負けを喫したが、清武は復帰戦で先制点の起点となるスルーパスでゴールを演出するなど十分な存在感を発揮した。

【清武弘嗣試合後インタビュー】

ーコンディションはどうだった?

清武 3カ月ぶりの試合だったのでわくわくしていましたし、楽しくプレーできましたけど、勝利にもっとこだわってやれればいいかなと思います。

ー先制点の起点になった。

清武 僕がアシストしたわけではないし、ゴールしたわけではないですけど、チームとしては点が取れたというのはすごく良かったですし、ああいうシーンが試合で多く出せればいいなと思います。

ーチームに結果が出ていない原因は?

清武 きょうは悪い試合をしたわけではないです。気になるのは失点が多いところなので、早く修正して、どんどん大事な試合が入って来るので集中していきたいです。

ー我慢して守り、チャンスを狙うという感じの内容だった?

清武 あんな感じの試合になると思ってたし、1失点目も不運なPKだったし。ああいうので流れを持っていかれるというのは・・・。今シーズンのドルトムントは先制されても取り返す力はすごくあると思うし、力の差はすごくあったかなと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加