【タッチ集動画】ミランの10番失格!伊紙が本田圭佑を酷評「セリエAのレベルにない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ACミランの日本代表FW本田圭佑は13日に行われたインテルとの伝統のミラノダービーにトップ下としてスタメン出場。しかし、大きな見せ場を作ることができずに後半36分に途中交代でベンチに退いた。試合は0-1でミランが敗れた。 8日に日本代表の一員としてイランで行われたアフガニスタンとのワールドカップアジア二次予選のゲームに出場してからの強行出場だったが、敗戦に加えて攻撃陣が無得点に終わっただけに、地元メディアから「常にセリエAレベルの選手ではない」などの酷評にさらされている。

イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」では、本田の採点は「5点」。失点シーンに絡んだDFマッティア・デ・シリオと、開始直後の絶好機を逃したFWルイス・アドリアーノと並び、チーム内で最低評価タイとなった。

また、トゥットメルカートウェブ・コムでも、DFイニャツィオ・アバーテと並ぶ「5点」とチーム最低点を付けられた。寸評はあまりに厳しいものだった。

「本田、5点。常にセリエAレベルのプレーヤーではないと感じさせる。いつもあまりにも簡単に倒れ込み、ゴールに向かうプレーが少なく、ミランの攻撃に全く影響を与えない。彼を交代させるのは遅すぎた」

本田のクオリティを「セリエA以下」と厳しく指摘し、後半36分に交代させたシニシャ・ミハイロビッチ監督の采配が遅すぎたと酷評している。

また、ミラン専門のニュースサイト「milannews.it」では単独でチーム最低評価となる4.5点。完全な落第点を与えられてしまった。

「本田、4.5点。微妙なプレー。危険を与えることは全くなく、大きなチャンスを作り出すこともない。ミハイロビッチ監督が与えたチャンスを全く生かさなかった」

プレーシーズンから、ビッグマッチにおけるプレーを課題とされてきたミランの「10番」だが、イタリア中の大きな注目を集めたこのミラノダービーで、その評判を払しょくするどころか不安と不満の声を加速させるものになってしまったようだ。

名門の栄光の背番号を3シーズン連続で託された男は「セリエAレベル以下」というレッテルを跳ね返すような活躍が期待されるところだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150914-00010001-soccermzw-socc

【本田圭佑タッチ集動画】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加