2試合連続ベンチ外のエイバル乾貴士!リーガデビューを妨げる理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

リーガ・エスパニョーラ第3節、エイバルはマラガと敵地で対戦し、0-0のスコアレスドローで試合を終えた。開幕3連勝、また単独首位浮上のチャンスこそ逃したものの、負けなしをキープ。序盤戦のサプライズチームとなっている。

そもそもエイバルは、昨シーズン終了時点では18位で2部降格が決定していたクラブだ。しかし、残留圏にいたエルチェの税金未払いによる強制降格に伴い繰り上がりで残留すると、まだ3試合とはいえ、レアル・マドリードやビジャレアルと並ぶ勝ち点7を獲得。“降格候補筆頭”という開幕前の予想を裏切る、快進撃を続けている。

そんなチームの好調の波に乗り切れなかったのが、“クラブ史上最高額の選手”としてエイバル入りを果たした乾貴士だ。現地12日、クラブ公式ツイッターで発表されたマラガ戦の招集メンバーのなかに、「Inui」の文字はなかった。これで加入後、リーグ戦2試合連続での招集外。第2節アスレティック・ビルバオ戦は入団直後の試合だったため、メンバー入りが叶わなかったのも止むを得ないが、2週間の中断期間を経て迎えた今節は少なくともベンチ入りが期待されていた。それだけに、現状はやや厳しいと言わざるをえない。

そんな中、気になるニュースも飛び込んできた。地元紙『エル・ディアリオ・バスコ』は11日、乾が通訳付きで練習に参加していると報じたのだ。今季のエイバルには、乾を含めて7人の外国籍選手が在籍するが、乾は言葉の面で最も苦労しているとして、通訳が手配されたという。それまでは、ドイツ在住歴があり、乾とも以前から面識があったとされるアシスタントコーチのイニャキ・ベアがサポート役を務めていた。だが彼にしても、ドイツ語を聞いて理解することはできても、自らの言葉を使ってホセ・ルイス・メンディリバル監督の意図を伝えきるまでには至らなかったそうだ(無論、彼の本業が通訳ではないことは考慮されるべきだ)。

いわゆる“言葉の壁”に直面している格好の乾だが、スペイン初上陸の日本人に、すぐに現地の言葉を理解しろというのは酷だろう。通訳が入ること自体は決して悪いことではない。その通訳を介して指揮官やチームメイトとコミュニケーションを取ることは、例えば笑顔でその場をやり過ごすことよりも何倍も良いことだ。むしろ今後問われるのは、「チーム(街)に溶け込もうとしているか否か」という普段の姿勢になってくる。

とはいえ、乾がリーガデビューを果たすのは、もう少し先の話になるかもしれない。

まず忘れてはならないのは、乾はスタートから出遅れているということだ。彼のエイバル加入が発表されたのは、夏の移籍市場最終盤の8月26日。新チームの始動日から1カ月以上が経過し、リーグ戦はすでに開幕していた。堅守速攻を基本スタイルとし、複数人での連動したプレスが戦いのベースとなるチームにおいて、今まさにチームの戦術を学び、チームメイトとも連携を図っている段階の選手に、指揮官が出場機会を与えるとは考えにくい。さらにチームは開幕から好調を維持しており、大幅なメンバー変更を強いる理由もない。

実際、フィールドプレーヤーに関しては、開幕3試合連続で同じスタメンが採用され、交代枠も第1、2節は全く同じ3人が起用された。第3節でようやく新たな1人が今季初出場を果たしたばかりだったが、ここまでピッチに立ったのはわずか16名。乾よりも先に加入が発表されたMFシモーネ・ヴェルディも、まだエイバルでのデビューを果たしていない。

またライバルの活躍も、乾にとっては逆風となっている。4-2-3-1、あるいは4-5-1を採用するチームにおいて、乾がプレーする可能性の最も高いポジションは左MF。そこでレギュラーを務めるサウール・ベルホンは、昨シーズンのリーガで3得点8アシストの活躍を見せた選手で、今シーズンも第2節のリーグベストイレブンに選出されるなど、好調を維持している。また、移籍市場最終日にブレーメンから加入したボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFイゼト・ハイロヴィッチら実力者も控えており、激しいサバイバル競争が待っている。

乾にとって待望のスペイン生活は、「今は我慢の時」とコメントした指揮官の言葉のとおり、順風満帆というわけではない。しかし、今はまだ決定的な評価を下されたわけでもない。チームと現在のレギュラー組が年間通して好調を維持することはほとんど不可能であり、今の勢いに陰りが見えてきた時こそが本当の勝負になる。その時までにチームに馴染み、自分の実力を周囲に認めてもらうこと。それが、リーガのピッチに立つ史上8人目の日本人選手となるための最低条件となる。そして、そこでチームを救う活躍を見せれば、“助っ人”としての評価を一気に確立することも可能だ。

入団会見で自ら「夢だった」と明かしたスペインへの移籍。それをただの夢物語で終わらせないためにも、乾には今後一層の努力と忍耐、そして諦めない姿勢が求められる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150914-00349956-soccerk-socc

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加