【タッチ集動画】本田圭佑の評価は伸びずミランニュースは酷評「試合の展開をスローにした」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 18

ACミランの日本代表FW本田圭佑は19日の本拠地パレルモ戦で4−3−1−2のトップ下で先発出場した。ゴールに絡めず後半35分にMFのポーリとの交代でピッチを去ったが、攻撃面での見せ場のなさからイタリアメディアで先発イレブンで最低タイなど厳しい評価を受けている。チームはコロンビア代表FWカルロス・バッカの2得点と本田同様にトップ下候補となっているMFジャコモ・ボナベントゥーラの直接FKなど1得点1アシストの活躍で、チームは3−2勝利。今季2勝目を手にした。

ミラン専門ニュースサイト「 milannews.it」の採点で本田は5.5点だった。勝った試合では平均点を下回る評価で、FWアドリアーノと並ぶ、先発メンバーではチーム最低点。

寸評は採点以上に厳しかった。「この日本人は積極性を欠き、周囲を納得させることはできなかった。左足だけでプレーし、試合の展開をスローにした」と酷評されている。2得点のバッカが最高の7.5点、1得点アシストのボナベントゥーラ、バッカの決勝点ゴールをアシストしたMFクツカ、途中出場でサイドを崩したDFカラブリアがそれに次ぐ7点の高評価を受けている。

伊サッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」では、本田は6点という平均点を与えられた。バッカがチームトップで8点。クツカ、ボナベントゥーラ、カラブリアが6.5点で続いている。最低は左サイドバックのデ・シリオで4.5点。GKディエゴ・ロペスも5.5点と低い評価を受けた。

本田は前半38分には前線でいいプレッシングからボールを奪い、FWバッカのチャンスにつなげたものの、バッカのシュートはGKに防がれていた。トップ下というポジションでプレーする以上、得点やアシストなど明確な結果が求められるのは避けられないところだろう。ライバルのボナベントゥーラはFKによる美しいゴールを決め、華麗なヒールパスで先制点をアシストするなど、明確な形で勝利に貢献しているだけに、背番号「10」には今後大きなプレッシャーが掛かっていきそうだ。

Soccer Magazine ZONE web 9月20日(日)10時21分配信

【本田圭佑タッチ集動画】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加