【タッチ集動画】先発出場も無得点の岡崎慎司に及第点!レスターはプレミア唯一の無敗キープ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

レスターの日本代表FW岡崎慎司が19日の敵地ストーク戦で3試合連続先発出場の先発出場を果たした。チームはも前半に2点を先行される展開も、後半に追いつき2−2のドローに持ち込み、今季無敗のまま勝点1を手にした。後半19分にFWウジョアとの交代でピッチを後にした侍ストライカーは攻守に渡る奮闘から地元メディアの高い評価を手にしている。

レスターは厳しい展開だった。前半13分に元バルセロナのストークFWボージャンに先制点を奪われると、DFモーガンのミスから同20分にも追加点も奪われる苦しい展開。しかし、後半6分には絶好調MFマフレズがPKを決めて1点差に詰め寄る。さらに、岡崎の相棒のイングランド代表FWヴァーディが同25分に3試合連続となるゴールを奪い、勝点1につなげた。レスターは前節アストン・ビラ戦でも2点差を逆転し、3−2で勝利するなど、驚きの粘り強さを見せている。

英衛星放送局「スカイ・スポーツ」の採点によれば、途中交代の岡崎は平均点といえる6点にとどまった。両チーム通じて最高は、先制点を挙げたストークFWボージャンの8点でマン・オブ・ザ・マッチにも選出されている。得点を挙げたヴァーディ、マフレズら両チーム合わせて9人が7点と全体的に高得点。最低はレスターのMFカンテと2失点目につながるミスを犯したDFモーガンの5点だった。

一方、「デイリー・メール」紙では、無得点だったものの、何度かいいキープからチャンスを演出した岡崎の評価は6.5点とチーム内ではヴァーディと並んで2番目の評価となっている。今季5点目で得点ランクトップに立つマフレズがトップの7.5点。ボージャンにも同様に7.5点が与えられた。こちらもモーガンは5点を付けられ、レスターGKシュマイケルと並んで、最低評価となった。岡崎は上々の評価を手にしている。

レスターは3勝3分の勝点12。首位マンチェスター・シティがウェストハムに敗れたためにプレミア唯一無敗をキープ。しかし、そのウェストハムが4勝目を挙げ、得失点差でレスターを上回り、暫定2位に浮上。レスターは暫定3位となっている。

Soccer Magazine ZONE web 9月20日(日)9時23分配信

【岡崎慎司タッチ集動画】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加