【動画】ブンデス公式がハノーファー清武弘嗣をMOMに選出!ビルト紙は最高評価「1」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ブンデスリーガは26日、第7節2日目を行い、MF清武弘嗣とDF酒井宏樹の所属するハノーファーは敵地でボルフスブルクと対戦し、1−1で引き分けた。ブンデスリーガ公式サイトは後半12分に今季初ゴールとなる同点弾を決めた清武をマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出。この日がブンデスリーガ出場100試合目だった清武のパフォーマンスを称えている。

「チームが放った8本のシュートのうち6本に絡み(自ら3本のシュートを打ち、3本のシュートを演出)、スーパーゴールを決めた。清武にとって今季初ゴールであり、ブンデスリーガ100試合出場の記念試合で決めたメモリアルゴールとなった」

0−1の後半12分、MFマヌエル・シュミデバッハの右クロスに走り込んだ清武は胸トラップからノーバウンドで倒れ込みながら右足でジャストミート。芸術的なボレーシュートで1−1の同点に追いつき、チームの連敗を5でストップした。

ドイツ紙『ビルト』は試合後の選手採点で清武に両チームで唯一、1点を付け、単独で最高評価を与えている(ドイツメディアの採点方式は1〜6で評価され、1が最高点、6が最低点)。

ゲキサカ 9月27日(日)2時49分配信

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加