バイエルン戦に向けて温存!ドルトムントが香川真司など主力5選手をELに帯同させず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ボルシア・ドルトムントは10月1日に行われるヨーロッパリーグ(EL)グループC第2節PAOK戦に向けて、MF香川真司を含む主力選手5人がギリシャに帯同しないことを発表した。

EL初戦ではクラスノダールにホームで2-1の勝利を収めており、連勝を狙うドルトムント。だがこの試合に向け、香川のほかDFマッツ・フンメルス、ソクラティス・パパスタソプロス、MFイルカイ・ギュンドアン、FWピエール=エメリク・オーバメヤンらを遠征メンバーに選ばなかったことがクラブ公式サイトで発表されている。

上記の主力5人はいずれも代表チームでの試合を含めて4日間に1試合のペースで戦い続け、過去2カ月間に15試合をこなしているとクラブは説明。週末にブンデスリーガでバイエルン・ミュンヘンとの大一番が控えていることも考慮し、疲労を考えての決断となったようだ。

ブンデスリーガでは開幕5連勝を収めて首位に立っていたドルトムントだが、その後の2試合は連続ドロー。7連勝を続けるバイエルンには4ポイントの差をつけられている。

GOAL 9月30日(水)19時0分配信

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加