【タッチ集動画】香川真司が1アシスト!オーバメヤンのハットでドルトムントが快勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ヨーロッパリーグ・グループステージ第3節が22日に行われ、アゼルバイジャンのガバラと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。香川は先発出場となった。

1勝1分けでグループCの首位に立つドルトムント。今節は、1分け1敗で最下位に沈むガバラのホームに乗り込んでの対戦となった。ドルトムントはGKローマン・ヴァイデンフェラーがGKロマン・ビュルキに代わって先発出場。また、MFヘンリク・ムヒタリアンは母国のアルメニアと、アゼルバイジャンが過去に戦争状態だった緊張状態が現在も続くことを考慮され、メンバー外となった。代わりにMFヨナス・ホフマンがスタメン入りしている。

試合の立ち上がりはホームのガバラがチャンスを作る。6分、右サイドを抜け出したセルゲイ・ゼニオフが折り返す。中央にドドが走り上がっていたが、マティアス・ギンターに詰められ、シュートまで持ち込めなかった。11分、味方のロングパスに反応したドドがペナルティエリア内右に抜け出しシュートを放つ。ボールはヴァイデンフェラーを越すものの、カバーに入ったギンターがゴールラインぎりぎりでクリアした。

ピンチを凌ぐと徐々に主導権を握ったドルトムント。21分、右サイドのギンターからのマイナスの折り返しに、中央のピエール・エメリク・オーバメヤンがダイレクトで右足を振り抜くが、シュートは相手GKにセーブされた。

すると31分、ドルトムントが先制に成功する。マルコ・ロイスのパスをエリア手前左で受けたオーバメヤンが、右足でミドルシュートを放つと、ゴール右隅に突き刺さった。さらに38分、香川とのワンツーでエリア内左に抜け出したオーバメヤンが右足シュートを放ち、ゴールネットを揺らした。香川のアシストで追加点を奪ったドルトムントがリードを2点に広げて、前半を折り返す。

後半に入って63分、ドルトムントはキャプテンのDFマッツ・フンメルスとMFイルカイ・ギュンドアンを下げて、DFウカシュ・ピシュチェクとDFスヴェン・ベンダーをピッチに投入した。ピシュチェクが右サイドバックに入り、ギンターが中盤の底に移動。ベンダーがDFソクラティス・パパスタソプーロスとCBのコンビを組む。さらに69分、左サイドバックのパク・チュホに代えて、同じポジションにDFマルセル・シュメルツァーを投入。交代カードを使い切った。

72分、ドルトムントが追加点を挙げる。右CKから、中央のベンダーが右足でダイレクトボレーを放つ。シュートは相手GKに阻まれるが、ゴール前に詰めていたオーバメヤンがこぼれ球を押し込んだ。オーバメヤンはハットトリックを達成し、今シーズンの公式戦通算得点数を17に伸ばした。

90分には再びオーバメヤンがチャンスを迎えるも、フリーで放ったシュートは相手GKに阻まれる。すると後半アディショナルタイムに入って93分、ガバラが意地の1発を決める。左サイドからクロスが入ると、中央で混戦となり、最後はドドが押し込んでネットを揺らした。

直後に試合終了のホイッスル。ドルトムントが敵地で3-1の快勝を収め、グループ首位をキープした。なお香川はフル出場を果たした。

ドルトムントは、25日に行われるブンデスリーガ第10節でアウクスブルクとホームで対戦。11月5日に行われるELの次節は、ドルトムントがガバラをホームに迎える。

【スコア】
ガバラ 1-3 ドルトムント

【得点者】
0-1 31分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
0-2 38分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
0-3 71分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
1-3 90+3分 ドド(ガバラ)

SOCCER KING 10月23日(金)1時56分配信

【ガバラ戦:香川真司タッチ集動画】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加