元マンU同僚ファーディナンドが香川真司とクロップの絆について「父親のように愛していた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

スポンサーリンク

マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏が、かつての同僚である日本代表MF香川真司(ドルトムント)がリバプールのユルゲン・クロップ監督を「父親のように愛していた」と、英テレビ局「BTスポーツ」の番組「UEFAチャンピオンズリーグ・ハイライトショー」の中で明かしたという。英スポーツ情報サイト「HITC SPORT」が報じている。

ドルトムントで香川を指導したクロップ監督は、ブレンダン・ロジャース前監督の解任を受け、10月8日にリバプールの新監督に就任。現在、イングランドで最も注目されている一人だ。元イングランド代表主将のファーディナンドは、12年から14年までユナイテッドで同僚だった香川から、クロップ監督についての話を聞いていたという。
 
「シンジ・カガワがオールド・トラフォードにやってきたことで、私はクロップについて興味が湧いたよ。彼は『(クロップ監督は)とても情熱的で、試合中にたくさん走り、激しいプレッシングを要求する』と言っていた」

香川は2010年からドルトムントで2シーズンに渡ってプレー。12年の夏には、リーグ連覇を置き土産にユナイテッドへ移籍した。その後、わずか2年でマンチェスターを去り、ドルトムントに復帰。再びクロップ監督の下でプレーすることになった。

マンU時代も続いていた香川とクロップの絆
「彼はクロップのことを愛していた。まるで父親のように慕っていたよ」

香川にとってのクロップ監督は、まさに恩師と呼べる存在。48歳のドイツ人監督は、当時一人の若手選手に過ぎなかった日本人を、その手腕でドルトムントの中心選手へと成長させた。12年に香川がドルトムントを退団する際には、二人で抱き合い、20分間も泣いたというエピソードもあるほどで、今も固い絆で結ばれている。

Soccer Magazine ZONE web 10月24日(土)17時40分配信

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加