【動画】「夢と絶望の90分」 2014 J1昇格プレーオフ ー千葉vs山形ー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2014/12/4 産経新聞

J1昇格プレーオフ(PO)は7日、J2を3位で終えた千葉と6位山形の決勝が味の素スタジアムで行われる。90分間で引き分けてもJ1昇格が決まるアドバンテージを持つ千葉が有利だが、天皇杯決勝(13日、日産スタジアム)にもコマを進めている山形の勢いは侮れない。

千葉は三度目の正直にしたい。POが導入された2012年から2年続けてJ2で5位に入りPOに出場した。しかし、12年の決勝では6位だった大分に敗れ、13年の準決勝では4位だった徳島と引き分けて悔し涙をのんだ。

リーグ戦の上位クラブに与えられるアドバンテージへの過剰な期待はないだろう。PO導入後の2シーズンで、J2で3位だったクラブが勝ち抜いた例はなく、千葉自身も12年にリーグ戦で下位だった大分に足をすくわれている。

スポンサーリンク

一方、山形は波に乗っている。11月30日のPO準決勝で4位だった磐田と対戦し、1-1の後半ロスタイムに決勝点。引き分けなら敗退だった窮地をGK山岸が初ゴールで救った。

11月26日の天皇杯準決勝では千葉を3-2で下しており、リーグ戦で1分け1敗と白星を奪えなかった苦手意識を消し去ることに成功した。磐田戦のドラマチックな結末もチームに勢いを与えており、“下克上”の雰囲気を漂わせている。

J1に復帰すれば千葉は6季ぶりで、山形は4季ぶりとなる。天皇杯後、千葉の関塚監督は「今日は負けたけど切り替える」と前を向き、山形の石崎監督は「この勢いを持って次に向かう」と力を込めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加