ホッフェンハイム戦でのトップ下は香川かギュンドアンか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2014/12/5 kicker

水曜日に行われた11vs11では、興味深い場面が見られた。香川真司の定位置であるトップ下には、イルカイ・ギュンドアンが入っていたのである。

フライブルク戦で華々しい復活戦を飾って以降、ここまで僅か1得点に終わっている香川真司。

精力的に動くプレスのスペシャリスト、危険なエリアでの存在感。

2011/12シーズンに見せたゲッツェ/香川のような中盤を期待したドルトムントのファンだったが、今のところはまだ余り目にする事ができていない。

スポンサーリンク

そしてマルコ・ロイスが負傷により離脱中である現在、卓越したボールコントロールとサッカーIQを兼ね備えたギュンドアンをト ップ下で起用する事は意味のある事だろう。

ボランチでプレーする事を好む同選手だが、しかしトップ下でもパフォーマンスを発揮する事に疑いの余地はない。

ただ基本的にクロップ監督は遅く決断を下す人物だ。水曜日のフォーメーションが最終的なヒントになる訳ではないのだが、しかし今回は特に長く思い悩む事になるだろう。果たしてホッフェンハイム戦でトップ下に入るのは、ギュンドアンか、 それとも香川真司か。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加