5大リーグポジション別トップ10に香川真司が選出!ロイスですらライバルではない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2015年ポジション別ランキングのトップ10に香川真司が選出!

香川真司が所属するドルトムントには優秀な2列目の選手が数多く在籍している。マルコ・ロイスにヘンリク・ムヒタリアン、アドナン・ヤヌザイなどその面々は豪華極まりないが、とりわけ世界的な人気を誇るマルコ・ロイスはチームの顔として実力も抜群だ。

だがそんなロイスですらも、もはや香川にとってはライバルとは言えなくなっているのかもしれない。フットボールを独自の視点と膨大なデータで考察するスポーツメディア『football.observatory』が、GK以外の各ポジションごとに、2015年の5大リーグにおけるベスト選手トップ10を発表した。

そして「攻撃的MF」のカテゴリーにおいて、香川真司がアーセナルのメスト・エジルやマンチェスター・シティのケビン・デブライネらと共に選出されたのだ。香川は当カテゴリーで8位にランクインされ、10位のリヴァプールMFフェリペ・コウチーニョよりも高評価を受けた格好となる。

また「FW」のカテゴリーにはバルセロナのリオネル・メッシや、ルイス・スアレス、レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドなど錚々たる名前が並んだ。

もはやドイツ国内だけでなくグローバルに評価されている香川だが、そのスーパープレイを是非とも日本代表で披露してくれることに期待したい。

theWORLD(ザ・ワールド) 12月22日(火)22時30分配信

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加