バイエルンとドルトムントだらけの前半戦ベストイレブンに香川真司もトップ下で選出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ドルトムントの香川真司がブンデスリーガ前半戦のベストイレブンに!

今季前半戦で最高のパフォーマンスを見せたドルトムントMF香川真司がブンデスリーガ前半戦のベストイレブンに選出された。

このベストイレブンは独『Transfermarket』が選出し、[4-3-1-2]のシステムに当てはめて紹介されている。

〈GK〉
ラルフ・フェアマン(シャルケ)

〈DF〉
(右から)マティアス・ギンター(ドルトムント)
マッツ・フンメルス(ドルトムント)
ジェローム・ボアテング(バイエルン)
ダビド・アラバ(バイエルン)

〈アンカー〉
ウラジミール・ダリダ(ヘルタ・ベルリン)

〈サイドハーフ〉
ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)
ドウグラス・コスタ(バイエルン)

〈トップ↓〉
香川真司(ドルトムント)

〈FW〉
トーマス・ミュラー(バイエルン)
ピエール=エメリク・オバメヤン(ドルトムント)

11人中9人がバイエルンとドルトムントで構成されており、その豪華な攻撃陣に香川の名前も入っている。今季のブンデスリーガはバイエルンとドルトムントが大量得点を奪っており、より攻撃にスポットが当たるシーズンとなっている。その中でマルコ・ロイスらを押しのけて選出されたことは香川にとって大きな自信となるはずだ。

theWORLD(ザ・ワールド) 12月23日(水)20時10分配信

スポンサーリンク

CW3oW6zWMAEN_Wm

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加