ドルトムント公式がクリスマスにファンへメッセージ「クロップ監督と涙の別れを経験」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0


ドルトムント公式が1年を振り返る

親愛なるボルシア・ドルトムントのファンおよび友人の皆さんへ

毎年、暮れになると誰もがその1年間に起きたことを振り返るものです。BVBの2015年は本当にいろいろなことがありました。

皆さんと共に、我々はピッチ上での苦難を乗り越え、ブンデスリーガでは18位からUEFAヨーロッパリーグ出場枠まで巻き返しました。皆さんと共に、我々は過去4年で3度目のDFBポカール決勝進出を果たしました。しかし残念ながら栄冠は逃しました。皆さんと共に、我々は7年間、信じられないほど大きな成功をクラブにもたらしてくれたユルゲン・クロップ監督と涙の別れを経験し、そしてトーマス・トゥヘル監督を始めとする新しいコーチングチームを笑顔で迎え入れました。皆さんと共に、我々は女子ハンドボールチームの昇格を祝い、そのほか競技の種類にかかわらず、多くのタレントたちの成長を目撃しました。輝き、闇、幸せ、悲しみ、希望、そして未来。私たちはどんなことも常に熱く、常に心から皆で分かち合います。それこそがBVBであり、2015年もそうやって過ごしてきました。

1年の終わりを迎えて私たちが皆さんにお伝えしたいのは、シンプルに「ありがとう」という言葉です。これまでも、今も、そしてこれからも、私たちと一緒にいてくれて本当にありがとうございます。何が起ころうとその気持ちに変わりはありません。

皆さんと皆さんのご家族がステキなクリスマスをお過ごしくださいますよう、お祈り申し上げます。

ボルシア・ドルトムントより

ドルトムント公式

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加