ファーガソンがお気に入りのマインツ武藤嘉紀!マンU移籍の可能性は60%!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0


proxy

武藤嘉紀のマンU移籍の可能性は60%

今夏にファン・ペルシーやチチャリートらを放出したマンチェスター・ユナイテッド。だがここまでの17試合では22得点のみとなっており、とくに主将のルーニーは2得点、新戦力のマーシャルは4得点にとどまっているところだ。

そこでマンチェスター・ユナイテッドは武藤に関心を示しているという。

Eurosport.deは武藤の長所として「スピード、読み、キープ力」、そして得点力に関してはJリーグでも既に実証済みだと紹介。

今夏にもチェルシーから関心が伝えられた日本代表FWは、加入したマインツで今季ここまで7得点と納得のパフォーマンスを披露してきた。

記事よれば、”特にファーガソン前監督が武藤のファン”とのことで、チェルシーは今冬での獲得に向け1500万ユーロを用意、同サイトでは更なる金額の上積みが必要となるとの見方を示している。

なおマインツと武藤との契約期間は2019年まで。しかしEurosport.deでは、武藤はプレミアでのプレーを切望しているとし、移籍実現の可能性は60%と予想した。

キッカー紙

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加