清武弘嗣、酒井宏樹、山口蛍が所属するハノーファーの新指揮官はシャーフ監督に決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ハノーファーの新監督はシャーフに決定!

ハノーファーは28日、トーマス・シャーフ氏(54)を新監督に迎えることを発表した。同氏は昨季終了後、フランクフルト監督を辞任してフリーとなっていた。

MF清武弘嗣、DF酒井宏樹に加え、先に3人目の日本代表選手となるMF山口蛍の獲得を発表したハノーファー。シーズン前半戦を17位と降格圏で折り返し、ウィンターブレークにミヒャエル・フロンツェック氏の監督辞任を発表したところだ。

ハノーファーは過去にハノーファーを率いたミルコ・スロムカ氏や、元ボルシア・メンヒェングラッドバッハのルシアン・ファブレ氏、元ホッフェンハイム監督のマルクス・ギスドル氏らを次期監督としてリストアップしていたようだが、最終的にはシャーフ氏にチームの指揮を任せることになった。

ハノーファーと2017年までの契約を交わしたシャーフ氏は、クラブの公式ウェブサイトを通じて、新たな挑戦に向けて意気込みを示している。

「ハノーファーの責任者たちと、この数日間良い話ができた。この仕事の難しさに関しては分かっている。それでもチームとともに残留を果たすという大きなチャレンジを楽しみにしている」

シャーフ氏は現役時代にも在籍したブレーメンで、1999年から14年にわたって監督を務め、2004年にはブンデスリーガ優勝を達成。また1999年、2004年、2009年とDFBポカールを制覇。2014-15シーズンは、フランクフルトでMF長谷部誠や乾貴士(現エイバル)らを指導したが、1シーズン限りで同クラブを去ることになった。

GOAL 12月28日(月)21時26分配信

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加