慶應義塾大学病院小児病棟を訪問し子供達と笑顔で触れ合う心やさしい香川真司!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0


2015年12月21日、プロサッカー選手の香川真司選手(ブンデスリーガ・ボルシア・ドルトムント所属)が、慶應義塾大学病院小児病棟を訪問しました。

ドイツから朝一で帰国後、病院に来られた香川選手は疲れも見せず、およそ1時間、入院している子供たち一人ひとりに声をかけ、記念写真に応じながらサインボールをプレゼントしてくれました。

はじめは緊張していた子供たちも、世界で活躍する選手から一足早いクリスマスプレゼントを受け取ると、自然に笑みがこぼれ、病棟はあたたかい笑顔に包まれました。

(今回の訪問は、小児がんや重い病気の子どもたちやそのご家族を支援する、認定NPO法人シャイン・オン・キッズの協力により実現しました。)

http://www.hosp.keio.ac.jp/oshirase/hosp/detail/38467/

スポンサーリンク

IMG_8136-730x487

IMG_8192-730x487

IMG_8238-730x487

IMG_8679-730x487

IMG_8272-730x487

IMG_8156-730x487

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加