ドルトムント CLグループリーグ最終節 前日会見と先発予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

12月9日香川真司と丸岡満が所属するドルトムントがホームでアンデルレヒトと対戦する。

すでに決勝トーナメント進出を決めているドルトムントは前節のアーセナル戦でグループリーグ初黒星となったが、チームは首位通過を狙っている。ブンデスリーガ第14節のホッフェンハイム戦では3試合ぶりに勝利を収め、クロップ監督も「ほっとした」と心境を語った。チームとしても相性の良いCLでの戦いで快勝しさらに自信を取り戻したいところだ。

以下、前日会見に出席したクロップ監督とシュメルツァーのコメント。

クロップ監督

アンデルレヒトはとても才能に恵まれたチームで、プレッシャーを感じることなくプレーしている。何が起こってもおかしくはない。彼らとの第1戦も楽な試合ではまったくなかった。うちはいい時間帯に得点したことが好結果につながっただけだ。

あすのゲームも簡単ではないだろうが、われわれの成長にとってはとても大きな価値のある試合だ。グループ首位がかかっており、ここまで1位でやってきたが、それをキープしたい。

シュメルツァー

1位でグループリーグ通過することは、僕たちにとってとても重要なこと。そうすれば決勝トーナメントでは各グループ首位のクラブではなく、2位のチームと当たることになる。アンデルレヒトとの初戦は簡単な試合ではなかった。うちはチャンスをきっちりとものにし、カウンターがうまくいっただけ。

スポンサーリンク

bvb_tsg_kagawa_warmup_1_920[1]

レヴィアシュポルト紙 先発予想

【GK】ランゲラク
【DF】ピシュチェク・スボティッチ・フンメルス・シュメルツァー
【MF】ケール・ベンダー・ギュンドアン
【FW】オバメヤン・ラモス・ムヒタリヤン

キッカー紙 先発予想

【GK】ランゲラク
【DF】ピシュチェク・スボティッチ・フンメルス・シュメルツァー
【MF】オバメヤン・ベンダー・ギュンドアン・香川真司・ムヒタリヤン
【FW】ラモス

当初2紙ともに香川真司はベンチスタートの予想だったが、クロップ監督がケールの欠場を発表したためキッカー紙は香川真司をスターティングメンバーに変更している。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加