日本を振り返るカカウ「香川真司や宇佐美貴史のような選手がヨーロッパで注目される」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

セレッソ大阪時代を振り返るシュツットガルトのカカウがコメント!

昨年セレッソ大阪でシーズンを過ごした元ドイツ代表のカカウが日本で過ごした期間を振り返り、キッカー紙のインタビューでコメントしている。これを同紙の日本語版が日本についての部分のみを抜粋して伝えた。

kicker:昨シーズンはセレッソ大阪でプレーされていましたが、日本での時間はいかがでしたか?

カカウ:家族として、いい経験の1つとなっているよ。新しい国で、新しい文化に触れ、新しい人々と知り合うことができた。日本では国も人も、とても組織化されていたね。

kicker:サッカーの面では、いかがでしたか?

カカウ:明らかに別物だったよ。これは文化によるものだと思う。ほとんどの選手は、監督の言うことを素直に聞いていて、良い意味でのサプライズはあまり多くなかった。そこから少し外れたタイプの人間が、海外で注目される選手になっているように思う。香川真司や宇佐美貴史のようにね。

kicker:セレッソ大阪は在籍時代に、決して良い結果を残せたわけではありませんでした。強い批判は?

カカウ:それがないんだ。人々はしっかりとしてとてもリスペクトの気持ちを持っている。シーズン最後の試合を終えた時、僕たちは降格を喫ししてまったというのに、ファンたちは迎え入れてくれたんだ。ファンやメディアから、そこまで強いプレッシャーや批判を受けているわけではない。それには驚いたよ。

kicker:心地良さそうに聞こえます。

カカウ:しばしばドイツでは、批判があまりに強すぎることがあるよね。ただサッカーではプレッシャーはつきもの。そのなかで良いプレーを見せられれば、良い気持ちが得られるものさ。もしもまったくプレッシャーがないでサッカーをしていたら、それはそれでつまらないものだと思うよ。

キッカー紙

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加