ミランのモントリーヴォが本田圭佑を称賛「注意力や戦術面で彼は素晴らしい選手」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0


ミランMF本田圭佑は17日、セリエA第20節フィオレンティーナ戦でフル出場した。キャプテンのMFリッカルド・モントリーヴォは、背番号10が「重要な選手」だと述べている。

公式戦5試合連続で先発出場した本田は、ゴールやアシストこそなかったが、献身的な守備でチームに貢献。後半には自ら惜しいシュートを放った。ミラン専門サイト『milannews.it』は、本田に及第点の「6」をつけている。

モントリーヴォはイタリア『メディアセット』で、本田について次のように述べている。『milannews.it』が伝えた。

「ケイスケは、僕らの観客から愛されないかもしれない。でも、プレーへの注意力や戦術面で、彼は素晴らしい選手なんだ。僕らにとって重要な選手だよ。まるでDFのようなカバーリングをしてくれるんだ」

一方で、これまで批判にさらされてきたモントリーヴォには、スタンドから拍手も送られた。『milannews.it』で「6.5」と評価されたキャプテンは、喜びを表している。

「うれしいよ。いつだって拍手はうれしいものだ。僕はピッチで常に全力を尽くしている。カルピ戦(コッパ・イタリア準々決勝)でも良かったと思うんだ。観客が違う反応をするのも普通のことで、結果次第ということが多い。僕らはしばらく前からうまくやれず、少し難しい状況だったからね」

今季のリーグ戦で常に得点を挙げていたフィオレンティーナをシャットアウトしたミランは、FWカルロス・バッカとMFケヴィン=プリンス・ボアテングのゴールで2-0と勝利。6位に浮上している。

GOAL 1月18日(月)9時17分配信

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加