香川真司について内田篤人「なぜ真司のことは心配して僕のことは心配してくれないの?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

シャルケの内田篤人がインタビューで香川真司についても言及!

──パワー、テクニック、スピードのなかで、一番嫌なタイプは?

「テクニック。技術がある選手は嫌です。時間、疲労に関係なく、ミスはしないので。正直、なにを考えているか分からない(笑)。パワーもしくはスピードタイプなら、ある程度距離をおけば対策は練れますが、技術がある選手は離れたら好きにやられるし、くっついたら重心を外される。やはり、技術は嘘をつかない」

──ということは、イスコ選手への対応は相当大変だった?

「向こうが後ろを向いていても嫌でしたね。常に逆にターンされて……。素直に凄いと思いましたよ。守備もさぼらないし。よく走るうえにボールも取られないから、良い選手だなと」

──シャルケと日本代表の両立については、どう考えていますか?

「それを頑張ってきたから膝が壊れたと思う。今季、ヨーロッパリーグも戦う(香川)真司は日程がきついと言われていますが、自分はそれをここまで5年間やってきた。だから、真司が少し心配かな。でも、なぜ真司のことは心配して、僕のことは心配してくれないんだろう。5年間やってきたのに(笑)」

──みんな心配していますよ。

「遅い、遅い(笑)。2015年は膝のためにほぼ全休しましたからね。どれだけ膝をごまかしながらやってきたか。みんなに心配してもらいたかったなあ、俺の身体のことも(笑)。まあ、真司の場合は遠征とかでメンバーから外れる時もあるから、怪我はしないだろうと思います。ただ、日程がきついのは確かだから頑張ってもらいたい」

──膝の怪我する前と後で考え方は変わりましたか?

「どうですかね。ただ、サッカー選手として一番良い年齢(27歳)のシーズンを、怪我で棒に振ったのは残念。(ドイツのドクターなどに)『膝が危ないよ』と言われて、残り確実に少ないですからね、僕のサッカー人生は。引退する頃にどういう膝で終わるのか分からないですが、まずはしっかり復帰したいですね」

──そう簡単に復活はできない?

「でも、僕の性格上、医者に復帰できないよと言われたら、サクッと復活して仕事したい。だから、やってやろうと思いますけどね。『手術したら選手生命に関わる可能性もある』と言われた瞬間にこう思いましたよ。オーケー、じゃあ、手術して復活してやろうと。見とけよと」

──最後に、シューレースを持たない『ACE16+Purecontrol』について訊かせてください。

「触っただけで軽いし、靴ひもがない時点で足にフィットするしかないですからね。そこが売りだと思います。靴下の下にポイントがついている感じ。履けばフィットすると思いますし、カッコいいですよね。ついにスパイクも靴ひもがない時代になったかって」

サッカーダイジェスト

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加