【動画】ドルトムントCL最終節 試合後クロップ監督・選手コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

9日のアンデルレヒト戦では試合終盤に失点し追いつかれグループリーグ最終節を勝利で終えることはできなかったが、この試合の勝敗よりもグループリーグ首位通過という結果に満足しているようだ。

以下、試合後コメント

ケビン・グロスクロイツ

望んでいたほどにはいい戦いができなかった。積極性に欠けていたね。でもあれだけメンバー入れ替えたにしては悪くないパフォーマンスだった。ここへきて多くの選手がケガから戻ってきたことが嬉しいよ。失点シーンは左サイドでの守備が適切じゃなかったし、僕も中央でうまく守れなかった。責任を感じているよ。

84G_Anderlecht3_bvbnachrichtenbild_top

チーロ・インモービレ

この数週間、あまり試合に出られていなかったから、またプレーできるのを楽しみにしていたよ。ゴールは僕にとってもチームにとっても価値あるものになった。僕らは1-1で引き分けたことでグループを首位で突破できた。あとは年内のブンデスリーガ残り3試合をすべて勝利で終え、リラックスした気分でクリスマス休暇に入れたらいいね。

スポンサーリンク

ヌリ・シャヒン

グループを首位通過できて嬉しいけど、あのゴールは与えるべきではなかった。アンデルレヒトは特に得点を狙っていたわけでもなく、そのまま試合が終わっても問題がなさそうだった。僕らがボールを支配することだけ考えていれば、おそらく彼らも攻撃してこなかっただろう。チーロはゴールを決めるためによくやったよ。全体的に見れば、もちろんフィニッシュの精度はベストではなかったけど、見た目ほど簡単じゃないんだと言うしかないね。

T_Anderlecht_Klopp_bvbnachricht_halb_regular

ユルゲン・クロップ監督

チームのパフォーマンスに部分的には満足している。アンデルレヒトはいいチームで、うちは試合終了が近づくにつれ、勢いがなくなっていった。あの失点は避けるべきだったが、ミトロビッチもあの状況でうまくゴールを決めたよ。うちはあと1点か2点、奪っておくべきだった。前半は流れのいい時間帯があり、後半も好スタートを切ったのだが、最後でスタミナ切れになった。だが美しいゴールを決めたし、残念ながら生かせなかったが多くの好機をつくった。すべての試合に勝ちたかったが、このグループで勝ち点13が取れたのは大きな快挙だ。何も問題はない。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加