【動画】シャルケ16強入り 内田篤人はフル出場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 18

CLグループリーグ最終節シャルケがアウェーでマリボルと対戦し、1-0で勝利。勝ち点を8とし、首位通過を決めているチェルシーがスポルティング・リスボンに3-1で勝利したためシャルケが決勝トーナメント進出を決めた。

これですべてのグループリーグが終了し、ブンデスリーガからは全4クラブが16強入りを果たした。

ドイツ「スカイ」から決勝トーナメント1回戦の相手について聞かれるとフンテラールは「バルセロナと対戦できたらうれしいね。スロベニアよりは暖かいはずだよ」と話した。また、マリボル戦については「あまり多くの選手で攻撃できなかった。でも、戦術的にうまくやれたね。それが成功の鍵だった。すごくうまく守れていたよ」と答えている。

ディ・マッテオ監督コメント

今日勝てたこと、そしてイングランドでの結果がポジティブだったことを嬉しく思う。そして、今日の勝利は順等なものだったと思う。我々の方が良いプレーをしていた。マリボルも良くて、苦戦させられたがね。特に前半、彼らはラインを下げてスペースを消していた。後半は我々のプレーが明らかに良くなり、ゲームを優勢に進めることができた。

708542_heroa[1]

マックス・マイヤー試合後コメント

決勝トーナメント進出を決めることができて本当に嬉しいよ。決勝点を僕が挙げたことに関しても当然嬉しく思う。ゴールキーパーが真ん中にボールを弾くのを見たその瞬間、自分がまさに最高のポジションにいたんだ。その後は素直に喜びが込み上げて来たよ。ただ、最も大事なのは僕たちが予選を突破したこと。これで3年連続のトーナメント進出になるし、再び欧州最高峰のチームのひとつになったということだ。トーナメント初戦では、もちろん次に進める可能性がより高いチームと当たりたい。優勝候補のFCバルセロナやレアル・マドリードは極力対戦したくないね。

スポンサーリンク

マリボル 0-1 シャルケ

シャルケにとっては決勝トーナメントへの進出がかかっている大事な一戦、勝って自力で16強入りを決めたい。序盤、パスがうまく回らない中、バルネッタ、フンテラーを中心にゴールを狙う。しかし放たれるシュートの多くは枠外へ飛ぶ。内田は23分、相手のCKの場面でゴールを2度も堅守する。この後も集中して守備をこなし、攻撃でも右サイドを駆け上がり連係プレーに参加したり、クロスを出したりと積極的に参加する。スコアレスで折り返し、後半は徐々に攻撃の勢いが増す。55分、フンテラーがゴール前でシュートを放つも、これはポストにゴールを阻まれる。56分、指揮官はここでバルネッタに代えてマイヤーを投入する。すると62分、マイヤーが相手DFのクリアボールを足下に受けて11mの地点から冷静に決めて先制。ここまで守るばかりだったマリボルも反撃を試みるが、シャルケは冷静に対応する。終盤、攻め入られる場面があったものの大きな危機もなく先制点を守り切って貴重な勝ち点3を獲得し、グループリーグを2位で終了した。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加