山口蛍がデビューか?シャーフ監督「我々が展開したいサッカーをよく理解している」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0


ブンデスデビューに期待がかかる山口蛍!

独『キッカー』誌(電子版)は現地時間28日(以下現地時間)、今冬にハノーファーへ移籍したMF山口蛍(25)が、30日のレヴァークーゼン戦でドイツ・ブンデスリーガデビューを飾るかもしれないと報じた。同誌はトーマス・シャーフ監督が山口を高く評価していると伝えている。

現在ブンデス最下位に甘んじるハノーファーでは、中盤のサリフ・サネが累積警告でレヴァークーゼン戦を欠場予定。前節ベンチ入りしていた山口にデビューのチャンスが巡ってきそうだ。清武弘嗣はケガから回復途上だが、酒井宏樹と山口はともにピッチに立つかもしれない。

シャーフ監督は山口について「我々が展開したいサッカーについてよく理解している」とコメント。「蛍は定位置を確保しようと初日から非常に集中して取り組んでおり、自分の能力を示そう、我々の目をひこうと常に努力している」と、その様子を語った。ブンデスリーガのレベルに到達するには、まだ向上すべき点があるとしながらも「自分のポジションを手にしようと、1秒も無駄にせず取り組んでいる」と、山口の姿勢を高く評価した。

なお、コミュニケーションについて、シャーフ監督は「私の日本語はまだそれほど上達していないので……」とジョークを飛ばし、酒井宏と清武、そして通訳の助けを借りているとコメント。それでも「蛍は頭がいいので、何が起きているのか理解しているし、こちらの話にもちゃんとついてきているよ」と、大きな問題はないと述べている。

ISM 1月29日(金)13時39分配信

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加