インテルが長友佑都をSBに固定起用か?レバークーゼンからのオファーを拒否!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0


インテルが長友佑都に対するオファーを拒否!

サッカー日本代表DF長友佑都が所属するイタリア1部リーグ、インテル・ミラノのサイドバックとして固定される可能性が高くなった。6日のイタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

インテルには現在、長友を含めてサイドの選手が4、5人おり、マンチーニ監督はこれまで交代で起用していた。しかし3日のキエーボ戦でプレーした長友とテレスが素晴らしいプレーをしたため、同監督はこの2人を信頼してレギュラーに固定することを決めたとしている。

同戦では2人で17本のクロスを上げた。また長友はスピードがあり、1対1に強く、カバー力に優れていて、前に切り込んでいく能力もあると同紙は評価。解析システム「オプタ」の調査では、長友は相手から奪った43回の中、5回しかファウルを犯しておらず、インテルの選手の中で正確で間違いのないプレーをする選手の1人という結果が出ているという。また同紙は1月末にドイツ1部・レーバークーゼンから長友にオファーがあったが、断ったとも記している。

デイリースポーツ 2月6日(土)17時23分配信

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加