【動画】トリノ戦での本田圭佑のFKに伊紙は「止められるのはクロスバーだけだった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 18

スクリーンショット(2016-02-28 10.17.23)

本田圭佑のFKはクロスバー直撃でゴールならず!

2月28日に行われたトリノとの一戦で公式戦13試合連続のスタメン出場を果たしたミランの本田圭佑は27分、セットプレーのチャンスを獲得するとキッカーの本田圭佑が放ったボールは惜しくもクロスバーを直撃し、ゴールとはならなかった。

だが、この素晴らしいFKをイタリアメディアは絶賛!カルチョメルカート・コムはこの試合の本田圭佑に「6.5」を与えると、寸評では「ボールコントロールのミスを見つけようとしたら、70分のシーンまでスキップしなければいけない。ボールタッチにも、ボールのないところの動きにもミスがほとんどなかったが、多くの場合で味方によって報われなかった。魔法のようなフリーキックを止められるのはクロスバーだけだった。」と活躍を称えている。

チームの勝利に貢献した本田圭佑は試合後「まだまだ集中する必要があるが、今のミランには素晴らしい雰囲気がある。我々は2016年は1試合に負けただけ。ミハイロビッチ監督とともに前進していかなければならない。自分は典型的な10番ではないが、いつもベストを尽くし、最高のパフォーマンスを見せる必要がある。」とコメントしている。

本田圭佑FK動画

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加