ザックが伊紙に本田圭佑と長友佑都を語る「本田は偉大な選手」「長友はイタリア人なら代表」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 18

元日本代表監督のザッケローニがイタリアメディアのインタビューに応える!

かつてユヴェントスやミラン、そして日本代表などを率いてきたアルベルト・ザッケローニ監督が、イタリアでプレイする2人の“大物”日本人について言及している。

今冬のマーケットにおける“爆買い”で話題となった中国の北京国安を指揮しているザッケローニ監督は、2010年から2014年までの間に日本代表監督を務めブラジルW杯にも参加。惜しくもグループリーグ敗退となったものの、その熱戦は多くの日本サポーターを惹きつけた。そんなザッケローニ監督が母国イタリアの『Calciomercato.com』に対し、セリエAでプレイする本田圭佑と長友佑都の2人について次のように語っている。

「本田は素晴らしいテクニックがあり、偉大なプロ意識を持つ選手だね。それに強靭なフィジカルに恵まれていて、日本人としては珍しいタイプだ。彼はゲームの中で何度もボールを要求する。その個性は突出しているよ。あまり多くを語る性格ではなく、やや内気な部分があるが、ピッチ上では自分流のやり方でリーダーになるんだ」

「(長友佑都について聞かれ)彼はとても重要なプレイヤーだね。スピードに溢れており、左右どちらの足でも正確なボールを供給することが可能だ。当然弱点もあるだろうが、長友の価値は疑いようもない。空中戦においては不利になるが、私は彼がチームにとても有益なプレイヤーだと思う。仮に長友がイタリア人だったら、今頃はイタリア代表で素晴らしいプレイしていたかもね」

両者の特徴とそれぞれの素晴らしさを語ったザッケローニ。やはり同監督にとっても彼ら2人は印象に残っている存在なのかもしれない。

theWORLD(ザ・ワールド) 3月3日(木)1時30分配信

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加