【動画】サッスオーロ戦で決定機を外した本田圭佑に低評価!バロテッリは戦犯に!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 19

Cc5v3UHUsAAoxl3

2度の決定機を外した本田圭佑に伊紙が低評価!

3月6日に行われたセリエA第28節でサッスオーロと対戦したミランはビッグチャンスがありながらも本田圭佑が決めきれず0-2と敗戦。13試合ぶりの黒星となっている。この試合の本田圭佑についてイタリアメディアは及第点を下回る低評価を付けている。

スカイスポーツは「5.5」を付け、同じくメディアセットやスカイの採点も「5.5」と低評価が並んでいる。また、ミランの専門サイトである「milannews.it」も「5.5」の採点を付け、寸表は「戦術面ではいつもの知的な試合をした。だが、攻撃面では何もなかった。」と一定の評価を与えるも決定機を決めきれず、無得点に終わった攻撃面で期待外れの結果になったことを指摘している。

イタリアメディアがバロテッリに酷評!

また、この試合でスタメン出場を果たしたバロテッリに対してイタリア各メディアは厳しい評価を与えている。カルチョメルカート・コムは「4.5」の採点に加え、寸表では「今日、誰か彼を見かけたか?彼にとってラストチャンスだったかもしれないのに、それに応えなかった。」と掲載。milannews.itも同じく「4.5」と低評価で、寸表は「最初の数分間だけだ。試合の入りは良かった。だが、その後は長続きせずに、イリュージョンのように消えた。」と厳しい言葉を並べている。

さらにmilannews.itは「貢献はほとんどしていない。鋭さもなかった。彼が動いていたのは最初の何分間かだけだ。チームメートも、ほとんど彼の姿を見つけられていなかった。サッスオーロのプレーが良かったにしても、あまりにも残したものは少なかった。」とマッシモ・アンブロジーニ氏のコメントも掲載した。

地元紙「コリエレ・デロ・スポルト」でも「なぜミランが去年の夏にバロテッリと契約したのか理解できない。強化部の選択だろうが、理解に苦しむよ。バロテッリは偉大なストライカーではないとは言わないが、誰もがどんな人間か知っている。幹部は彼を変えられると考えたのだろうか。ミランのような慎重なクラブが、こんな無謀で勝ち目のないギャンブルに出るとは考えもつかなかった。」とデヤン・サビチェビッチ氏のコメントを紹介している。

本田圭佑:決定機動画

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加