独紙が孤軍奮闘する清武弘嗣のインタビューを掲載「それでも僕たちは戦い続ける」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

厳しい現状について清武弘嗣がコメント!

ブレーメン戦での敗戦により、1部残留への望みはさらに小さくなったハノーファー。しかしそれでも清武弘嗣には、諦めの気持ちはない。

絶え間ないシステムと選手起用の変更・・・。それは清武も例外ではなかった。チームの頭脳である日本人プレイメイカーは、今後を占うブレーメン戦でトップで起用。中心選手として同国出身の山口蛍をトップ下に従え、ハノーファーにアクセントをもたらそうとした。

だがそれもわずか35分間で終わりを迎える。0−2とされたところでシャーフ監督は、山口を代えてFWのアダム・シャライを投入。清武はトップ下へとポジションを変えた。

「まるでヴォルフスブルク戦のときのようでした」ブレーメン戦について、清武はそう振り返る。

開始当初は期待を抱かせるパフォーマンスを披露。「そこまで悪いプレーを見せていたわけではない」にもかかわらず、ハノーファーは「不必要な形で失点を重ねてしまう」。そしてこの日に失った得点は、奇しくもそのヴォルフスブルク戦と同じ4点だった。

そんな試合の中で、清武は相手選手の一人に強い感銘を受けたという。「クラウディオ・ピサーロがもたらしているエネルギーは、本当に力強いものがありましたね」

その一方でチームに対しては「完全に集中力が切れてしまった」とコメント。

これで残り9試合で入れ替え戦となる16位まで勝ち点差7と苦しい状況になったが、清武は「非常に混乱した状況にありますが、それでも僕たちは戦い続けていかないと」と意気込みを見せた。26歳の日本代表MFに、諦めの二文字は無い。

ドイツ・キッカー紙

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加