バルセロナの本拠地カンプ・ノウの前面改築を日本企業が受注するとスペイン紙が伝える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

カンプ・ノウの前面改築を日本企業が受注

伝統あるバルセロナの本拠地カンプ・ノウが、日本の技術でさらに進化する。カンプ・ノウの全面改築を日本の建築設計事務所、日建設計が請け負うことになった。スペイン『スポルト』が報じている。

バルセロナは2014年、カンプ・ノウの改修に動くことを決めた。新スタジアム建設の可能性も検討されていたが、クラブの財政を脅かすリスクがあるとのことで、現在のカンプ・ノウを改築する形となっている。

これを請け負う企業を決定する国際コンペティションが8日に行われ、日建設計が勝利を収めたとのこと。2017年着工予定で、2021−22シーズンの完成を目指す。

Goal.com

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加