【動画】ブンデスリーガ日本人選手の記録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 17

1977年以降ブンデスリーガで活躍した奥寺康彦氏の通算ゴール記録を岡崎慎司が今シーズンの第3節に更新した。これまでのブンデスリーガにおける日本人選手の記録を分野別に紹介している。

ブンデスリーガの優勝を経験した日本人選手

奥寺康彦、長谷部誠、大久保嘉人、香川真司

シーズン最多ゴール

岡崎慎司:2013/14シーズン 33試合で15得点

香川真司:2011/12シーズン 30試合で13得点

高原直泰:2006/07シーズン 30試合で11得点

最多アシスト

清武弘嗣:通算23アシスト

ブンデスリーガの歴史の中で136ゴールが日本人選手によって挙げられた。

grafik_jp_japaner_2014_920

スポンサーリンク

【岡崎慎司が奥寺康彦氏の記録を更新した第3節のゴール動画】

【ブンデスリーガ日本人選手歴代トップ10動画】

スポンサーリンク

最新ニュース トップページ>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加