【動画】8分間の出場も米メディアが香川真司のワンプレーを絶賛「格を再認識させた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

CR8AF51VEAAm__8

短い出場時間でもスルーパスで魅せた香川真司!

ドルトムントの日本代表MF香川真司が、10日のUEFAヨーロッパリーグ(EL)16強の本拠地トットナム戦で、後半37分から途中出場を果たした。3-0と勝利した一戦で、8分間のみの出場に終わったテクニシャンは大きなインパクトを残せなかったものの、アメリカメディアはワンプレーで「格を再認識させた」と評価している。

米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は、プレミアリーグ2位の強敵を圧倒したドルトムントに高い評価を与えている。主将のDFフンメルス、MFバイグル、ムヒタリアン、そして、2得点のロイスが10点満点を手にした。

僅か8分間の出番となった香川は出場時間の短かったFWラモスとともに採点なしとなっている。2016年に入ってから得点、アシストともゼロと、波に乗れない香川だが、その才気の炎は消えていないと評価されている。

「日本人はロイスと82分に交代で出場した。そして、カウンターからの素早いパスで彼の格というものをすべての人間に再認識させた。(13日の)マインツ戦でより多くのプレー時間を手にできることを望むだろう」

香川は後半41分、センターサークルでボールを奪うと、MFカストロに素早くスルーパスを放った。出場機会を失いつつある香川だが、この一連のプレーで「小さな魔法使い」と地元メディアから前半戦に称えられた「格式」は健在だったと、ESPNの記事では指摘されている。

好調時に才気ほとばしるような香川復活を待ち望む声は、日本だけでなく海外からも出ている。2016年に入ってから公式戦12試合無敗と波に乗るドルトムントだが、背番号23のアタッカーは13日の本拠地マインツ戦で出番をつかみ、復活の狼煙を上げるプレーを見せられるだろうか。

Soccer Magazine ZONE web 3月12日(土)9時41分配信

香川真司スルーパス動画

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加