16日ブンデスリーガ第16節 日本人選手所属チームの状況と見どころ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

12月16日ミッドウィークに開催されるブンデスリーガ第16節1日目は大迫勇也と長澤和輝が所属するケルンと岡崎慎司が所属するマインツ、清武弘嗣と酒井宏樹が所属するハノーファーはホームでアウクスブルグと、酒井高徳が所属するシュツットガルトはアウェーでハンブルガーSVと対戦する。

ケルン - マインツ

ケルンは前節、アウェーでシャルケに2-1で勝利し、連敗は3でストップした。敵地での勝率は驚くほど高く、今季は王者バイエルンに次いで2位。ただし、ホームではここまでわずか1勝しかできておらず、今回はその苦手なホームでの一戦となる。対するマインツはここ7戦勝利がなく、今季最低の12位に順位を落とした。得点ランキング2位タイをキープしている岡崎のゴールで勝利を呼び込み、この状況を打開したい。

i_bre_h96_sakai_sliding_920[1]

ハノーファー - アウクスブルク

前節のブレーメン戦では清武が1ゴール1アシストの活躍を見せたが勝ち切ることができず、4試合未勝利となった。以前はホーム戦で無類の強さを発揮していたハノーファーだが、現在は連敗中。今節は過去6戦で一度も負けたことがないアウクスブルクが相手だ。アウクスブルクはブンデスリーガでチーム史上初の4連勝を達成して波に乗っていたが、前節は王者バイエルンの前に大敗を喫したばかり。清武は左MFで、酒井は右SBでの先発が濃厚だ。

スポンサーリンク

hsv_vfb_sakai_628[1]

ハンブルガーSV - シュトゥットガルト

シュトゥットガルトは成績不振からフェー監督が辞任し、第13節からステフェンス監督の下、チームの立て直しを図っている。監督交代後のフライブルク戦の勝利で一時は最下位から脱出したが、その後は1敗1分で再び18位に沈んでいる。ハンブルクとは99回目の対戦で、35勝42敗21分と負け越してはいるが、ゴールはシュトゥットガルトが5点上回っている(153得点)。勝ち点差3のハンブルクに勝利を収めることができれば、最下位脱出の可能性が高まる。酒井は左SBでの先発が濃厚だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加