クロップのリバプールがドルトムントの中盤を警戒「香川真司はクリエイティブなスパーク」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 18

ドルトムントの中盤についてクロップ監督が言及!

ドルトムントはUEFAヨーロッパリーグ(EL)の準々決勝で、昨季までチームを指揮したユルゲン・クロップ監督率いるリバプールと対戦することが決まった。リバプールの公式サイトでは早速、対戦するドルトムントの敵情分析を行っている。そのなかで日本代表MF香川真司は、「クリエイティブなスパーク」と警戒されている。

運命のいたずらで、全世界注目のマッチアップが決まった。7シーズン指揮を執ったクロップ監督にとっては古巣との対決で、リバプールの公式サイトでは「プロフィール リバプールの次の欧州での相手はボルシア・ドルトムント」と特集している。

トーマス・トゥヘル監督については「2015年4月にクロップの後継者として発表された。前任者が残した素晴らしい基盤を受け継いだ42歳はスムーズにバトンを引き継いだ」と、クロップ監督の残した偉大な遺産を問題なく継承したとレポートされている。

ブンデスリーガでは首位バイエルン・ミュンヘンと勝ち点5差の2位。昨年12月のケルン戦で敗北後、公式戦18試合で16勝2分と好調をキープしていると評価されている。
最大の脅威は”危険なヒットマン”

警戒すべき最大の脅威として紹介された選手が、”オーバ”の異名を持つ韋駄天だ。「クロップは好調のピエール=エメリク・オーバメヤンを止める手立てを探す必要がある」と分析されている。昨季クロップ監督にセンターフォワードとしての才能を見出されたオーバメヤンは、今季のブンデスリーガで25試合22得点。「今季欧州で最も危険なヒットマン」と絶賛されている。

そして、中盤のトリオにも警戒を示している。「マルコ・ロイス、ヘンリク・ムヒタリアン、シンジ・カガワは全員リバプールが警戒すべきクリエイティブなスパークだ」と指摘。オーバメヤンとともにシーズン序盤の好調時に「ファンタスティック4」と称されたロイス、ムヒタリアン、香川の創造性はイングランドでも注目されている。

香川は2016年に入ってから定位置を失うなど調子を落としていたが、14日のマインツ戦でゴールを決め、復活の狼煙を上げている。恩師クロップ監督とリバプールに、創造性という輝きを見せつけることができるだろうか。

Soccer Magazine ZONE web 3月19日(土)10時19分配信

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加