【タッチ集動画】ラツィオ戦の本田圭佑に伊紙は「セットプレーがいい加減で雑」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

CeCqid-UMAAeMX6

ラツィオ戦の本田圭佑のセットプレーに厳しいコメント!

イタリアの名門ミランに所属する日本代表MF本田圭佑は20日に行われたホームのラツィオ戦で公式戦17試合連続となる先発出場を果たすと後半39分までプレイ。前半15分のFWカルロス・バッカによる得点の起点になるなど、何度かチャンスを演出したものの、その決定力にはまだ改善の余地があるかもしれない。

1-1の引き分けに終わったこのゲームで、本田は2-1とする決定的チャンスをモノにすることができなかった。後半9分、左サイドを抜け出たバッカがセンターに走り込んだ本田へパス。ゴール正面でフリーとなった本田はシュートを放つも浮かしてしまい、ゴールネットを揺らすことはできなかった。かねてより指摘されてきた決定力不足を再び露呈してしまった本田に対し、伊『TUTTO mercato WEB』は“6”の及第点を与え次のように綴っている。

「右サイドから幾度も積極的なチャレンジの姿勢を示したが、セットプレイにおける彼のキックは雑でいい加減なものだった」

本田はそのキック精度の高さからフリーキックやコーナーキックを任されることが多く、現地メディアもそこから何か打開策を見出してほしいと願っていたのだろう。決定力不足にセットプレイの精度。もはや完成された選手である本田圭佑だが、今後はこの2つの課題を克服する必要がありそうだ。

theWORLD(ザ・ワールド) 3月21日(月)12時10分配信

本田圭佑タッチ集動画


本田圭佑タッチ集 ラツィオ戦 Keisuke Honda vs Lazio 20.03… 投稿者 poordent

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加