【動画】清武がCKからゴールを演出 ハノーファーは5試合ぶりの勝利(採点・スタッツ追加)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 18

12月16日に行われたブンデスリーガ第16節で清武弘嗣がCKからチームの先制点の起点となり5試合ぶりの勝利に貢献した。清武は90分に途中交代。酒井宏はフル出場している。

試合は20分清武のCKから最後はシュティンドルが押し込みハノーファーが先制すると前半を1点リードで折り返す。49分には酒井宏が右サイドから好機を演出するも得点には繋がらなかっが、ハノーファーは55分シュティンドルが獲得したPKをホセルが決めてリードを2点に広げると、64分には清武がGKをかわしながらゴールを決めるも判定はオフサイド。それでもアウクスブルグを最後まで0に抑えハノーファーが2-0で勝利した。

試合後コルクト監督のコメント

相手がテンポの速いサッカーをすることは分かっていたし、難しい試合だった。最初のアウクスブルクの好機ではあわや失点となったが、最後にはここ数試合と違って報われる結果となった。ウィンターブレイクに入る前の最終戦でも勝ち点を取りたい。

スポンサーリンク

h96_fca_kiyotake_pass_920[1]

【清武弘嗣キッカー紙採点・スタッツ】

キッカー紙採点:4

シュート数:1
アシスト性のパス:2
走行距離:11.73km
タッチ数:51
対人勝率:38%
パス成功率:88%

h96_fca_sakai_920[1]

【酒井宏樹キッカー紙採点・スタッツ】

キッカー紙採点:3

シュート数:0
アシスト性のパス:1
走行距離:11.36km
タッチ数:66
対人勝率:67%
パス成功率:65%

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加