【動画】ヘルタ戦でアシスト!MOM選出で高評価の清武弘嗣「イメージどおりで完璧」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

スクリーンショット

ヘルタ戦で清武弘嗣がアシストもドロー!

4月8日に行われたブンデスリーガ第29節で原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと対戦したハノーファーは清武弘嗣が素晴らしい連携からソビアクのゴールをアシストするなど、攻撃でチームを牽引するも2-2のドローで試合を終えている。清武弘嗣は試合後「(同点アシストは)サイドを変えても意味がなかったので、ひとりで中を崩そうと思った。全部がイメージどおりで完璧なゴールだった。」と自身のアシストシーンについて振り返っている。

清武弘嗣に独紙は軒並み高評価を与えており、ビルト紙では両チーム最高タイとなる「2」。ブンデスリーガ公式サイトでは清武弘嗣をこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出すると「日本人は(全選手中最多の)4本のシュートチャンスをつくり、そのうち1本がソビエフの同点弾につながった。ハノーファーのプレーメーカーは、チームで一番ボールを多く持っていた。さらに競り合いの勝率は73%と、攻撃的な選手としては素晴らしい数字を記録。この試合での最高値である。」と活躍を称えている。

清武弘嗣アシスト動画

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加