【タッチ集動画】ユベントス戦の本田圭佑に低評価「トップコンディションにない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 18

Cfoye9QUEAAValS

ユベントス戦にスタメン復帰した本田圭佑に伊紙が低評価!

ACミランの日本代表FW本田圭佑は9日のユベントス戦で先発出場したものの、チームは本拠地で1-2と逆転負けを喫した。日本代表戦で右足を打撲して前節のアタランタ戦を欠場し、2試合ぶりの出場となったが、後半29分で交代。試合後のイタリアメディアの採点では、ホームで敗れたチームの選手としては平均的な「5.5点」が並んだ。

ミラン専門のニュースサイト「milannews.it」では、本田を「5.5点」と採点した。「確かにアバーテと右サイドで軸を作りチームにバランスを与えた。しかし、攻撃面での存在感は希薄だった」と、攻撃に絡むプレーが少なかったことがマイナス要因とされた。

このゲームはFWマリオ・バロテッリがスタメン出場し、ミランはバロテッリの個人的な突破やミドルシュートが目立ったものの、連動性やパスワークに欠ける試合になった。両サイドハーフである本田とMFジャコモ・ボナベントゥーラにはボールがあまり回らないゲームになったが、本田は前半33分に右サイドからカットインして強烈なミドルシュートを放っている。しかし、見せ場と言えばこのシーンくらいだった。

サッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」も本田には「5.5点」の評価を与えている。

「前半にブッフォンを脅かす良いミドルシュートがあった。しかし、後半になるとそのライトは消えてしまった。守備面でもいつもほどに働けておらず、トップコンディションにない」

前節のアタランタ戦を欠場する原因となった右足負傷か、それともゲーム感覚が空いてしまったことの影響か、昨年末からフル稼働してきた疲労の蓄積が原因なのか、本田の動きは最高のコンディションには遠いと判断されている。積極的に攻撃参加するユベントスの左サイドハーフのアレックス・サンドロへの対応に追われた面もあったが、守備面でも働きが不十分と評価された。

また、サッカー情報サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」も本田を「5.5点」と採点し、「輝きは点滅するくらいのもので、良いシュートが1本。ゲームに足跡を残せなかった」と、こちらでもミドルシュート以外の見せ場がなかったと評価された。

王者ユベントスを相手に勝利を収めることができず、これで直近の5試合は2分3敗と未勝利。今節のゲームで7位サッスオーロがジェノアに敗れたために6位こそ死守したが、来季のヨーロッパのカップ戦への出場権を争う終盤戦に向けてチームは泥沼にハマっている。本田はミラン再起の原動力となることができるだろうか。

Soccer Magazine ZONE web 4月10日(日)7時17分配信

本田圭佑タッチ集動画


本田圭佑タッチ集 ユヴェントス戦 Keisuke Honda vs Juventus 09… 投稿者 poordent

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加