元ドイツ代表ボビッチ氏「香川真司たちが居たんだからドルトムントはBチームじゃない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

Cft2k3ZUMAEIvlN

ギンター、フンメルス、香川真司が居たからBチームじゃない!

現地時間10日(以下現地時間)に行なわれたドイツ・ブンデスリーガで、宿敵シャルケとの「ルールダービー」を2対2で終えたドルトムント。この試合でトーマス・トゥヘル監督が起用したメンバーが現地では「Bチーム」と呼ばれ、その判断が大きな注目を集めている。

90年代にドルトムントをチャンピオンズリーグ制覇とブンデス2連覇などに導いたオットマール・ヒッツフェルト氏は、サッカー番組『sky90』で、「こんな重要なダービーで8人も入れ替えるなんて、私にはそんな度胸はないね。ファンはダービーを熱狂的に待っており、半年経ってもまだその試合について話すくらいなんだから」とコメント。自身はルールダービーでここまでの入れ替えをしたことはないとし、その理由を「タイトルよりも、ダービーに勝つ方が重要なくらいだから」と語った。

しかし、元ドイツ代表FWフレディ・ボビッチ氏の見解は異なる。現在独『Sport1』で解説を務めるボビッチ氏は11日、同サイトに寄せたコラムで第29節を振り返り、トゥヘル監督の決断を称えた。

“トゥヘルがタイトルレースを簡単に諦めた”、“ダービーを軽視した”との声が上がっていることについて、ボビッチ氏は「落ち着いて、落ち着いて!」とファンに呼び掛け、「彼はこの試合で、正直な面を見せたと思う。確かに、彼は前任者のように周囲の人を惹き付けたり、遊び心があったりするタイプではないかもしれない。彼はリアリストで戦術家だ」と綴った。

ボビッチ氏は「彼がシャルケ戦でスター選手を数名ベンチに置いたからといって、それがBチームを送り込んだということには決してならない。ギンター、フンメルス、香川がいたんだから」とコメント。ダービーを戦ったのは決して“2軍”だったわけではないとの見解を示した。

現地では、トゥヘル監督がブンデスリーガより、ヨーロッパリーグ(以下EL)のタイトルにシフトし、今回のダービーで主力を休ませ、リヴァプール(イングランド)とのEL準々決勝セカンドレグに備えたとの意見で大方が一致している。

ボビッチ氏も同様に考えているようで、「もし、9日のシュトゥットガルト戦でバイエルンが躓いていたら、トゥヘルは違う陣容を組んでいたはずだ」「仮にリヴァプールホームで失敗したとしても、シャルケ戦での彼の決断は正しい。彼は、ブンデスリーガにはもう見い出せないチャンスをELに求めなくてはならないからだ」と述べている。

なお、同サイトはボビッチ氏のコラムに続き、「トゥヘルがダービーでスタメン総入れ替え! まったく問題なし? 絶対許せない?」とのタイトルでネット投票を実施。日本時間11日23時の時点で「ELがあるんだからそれでいい」が78%、「まったく理解できない、トゥヘルはブンデスリーガを投げ出した」が22%となっている。

スカパー!サッカー

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加