韓国のパクチソンが本田圭佑と香川真司に最大のリスペクト「アジアのベストプレーヤー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

20130905090637

パク・チソンが孫興民と奇誠庸に並べて本田圭佑と香川真司をベストプレーヤー!

韓国が誇るレジェンドが、 ACミランの日本代表FW本田圭佑とドルトムントMF香川真司を絶賛している。現役時代にマンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した元韓国代表の朴智星氏が12日に行われた2018年ロシアワールドカップ・アジア最終予選の組み合わせについて語る中で、アジア最高の選手として本田と香川の名を挙げた。米スポーツ専門テレビ局ESPNが報じている。

2014年限りで現役を引退したパク氏だが、現在は7シーズン活躍したマンチェスター・ユナイテッドの公式アンバサダーを務めるなど、その存在感は韓国外でも絶大だ。マレーシアで行われた組み合わせ抽選会にも出席している。韓国はイラン、ウズベキスタン、中国、カタール、シリアと同組のグループAに入った。

「タフなグループですよね。前回予選ではイランとウズベキスタンと同組でしたが、決して簡単な相手ではありませんでした。でも歴史を振り返れば、韓国はこれまで予選で素晴らしいプレーをしてきましたし、今回もそうなると期待しています。ウリ・シュティーリケ監督が率いて以降、チームも調子がいいですしね」

パク氏はイランとウズベキスタンに警戒しつつも、現在の代表の充実ぶりに期待を寄せている。そして、アジア最高のプレーヤーについても言及している。

「僕が考えるアジアの4大ベストプレーヤーは孫興民、奇誠庸、そして日本代表の本田圭佑と香川真司だと思っているんです。この中で“ナンバーワン”を選べというのはとても難しいけど、4人とも素晴らしい選手ですからね」

パク氏といえば00年から02年までの3シーズンは京都に所属し、日本人プレーヤーとも交友があることで知られている。本田、香川との直接対決は韓国代表でのラストマッチとなった11年アジア杯準決勝程度だが、日本代表コンビの実力を評価している。

今季ミランで存在感を放つ本田、ユナイテッドに所属した“後輩”で、ドルトムントでコンスタントに得点を奪う香川に対して最大限のリスペクトを示した。

プレミアでプレーする韓国代表コンビへの奮起を促す意味もあるのかもしれないが、果たして日本代表のWエースは、アジアが誇るレジェンドの高評価に違わぬプレーを最終予選でも見せられるだろうか。

Soccer Magazine ZONE web 4月13日(水)18時24分配信

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加