【動画】ナポリ戦の勝利を喜ぶ長友佑都「カジェホンを抑えるのが僕の仕事だった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 17

CgMStZxUIAAZpQ0

ナポリに完勝のインテル長友佑都が勝利を喜ぶ!

インテルは現地時間4月16日、セリエA第33節でナポリをホームに迎え、2-0で勝利した。前節出場停止となっていた長友佑都は先発に復帰し、フル出場を果たした。チームはリーグ戦2連勝で、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の出場権獲得に望みをつないだ。
 
以下は、試合後の長友のコメント。 

「(2-0で勝てると思っていた?)2-0で勝てるとは思っていなかったです。正直、勝っても1点差かなと。均衡した試合になるのではないかと思っていました。

(組織的な守備から手数を掛けずに前線へ、というチーム内での意思統一はよくできていた?)かなり統一はできていました。ナポリがボールを持って攻めてくるので、我慢して守って、ショートカウンターを使おうということは話していました。

(ホセ・カジェホンもしっかり抑えていたが?)僕の仕事はそこだったので。(ロベルト・)マンチーニ監督からも『絶対に抑えてくれ』と言われていました。

(どういうところに気をつけてマッチアップを?)とにかくカジェホンは裏を取るのがうまい。裏を取る動きに関しては、世界でも最高の選手だと思いますね。だからタイミングを、裏を取られないようにということを僕は気をつけてやってました。

(高校時代を九州で過ごしていたが、知り合いの方々は大丈夫だった?)知り合いに連絡を取りましたけれど、やっぱり余震も続いているので。子供がいる友達もいて、すごく怯えていますね。

本当に自分にできることがちっぽけ過ぎて、何もできないことが悔しいです。ただ、やっぱりこうやって試合で、イタリアで頑張ることで、『長友が頑張っている』ということで元気や希望を届けられたらうれしいなと思っています。僕はとにかくこっちで、やれることをやります」

スポーツナビ 4月17日(日)11時41分配信

試合ハイライト動画

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加