【動画】ハンブルガー戦の香川真司に独紙評価「彼のシュートがラモスのアシストに」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

香川真司に対する評価は及第点

ボルシア・ドルトムントは17日、ブンデスリーガ第30節でハンブルガーSV(HSV)と対戦し、ホームで3-0と快勝した。フル出場したMF香川真司に対するドイツメディアの評価は及第点だった。

香川は先発出場でゴールにも絡んだが、『ビルト』は「3」と及第点。チームメート7人と同じ評価だった。高い評価を受けたのはDFマッツ・フンメルス、MFクリスティアン・プリシッチ、FWアドリアン・ラモスで、「2」がついている。

『ルールナハリヒテン』も同じく「3」の採点だった。「あまりスムーズではなかった」と記され、3点目に絡んだシーンについては「彼のシュートに相手選手が触れ、それがラモスへのアシストになった」としている。こちらはラモスが「1.5」で単独最高評価。フンメルスやプリシッチに「2」がついた。

『WAZ』の評価は少し高めで「2.5」。これはラモス(1.5)、フンメルス(2)に次ぐ評価だ。香川のプレーについては、「非常に勤勉で運動量が豊富だった。長い間、必要な突破力を示せなかったが、最終的には3ゴールを演出。HSVのGKアドラーの退場も彼が誘った」と評価した。

なお、HSVのDF酒井高徳もフル出場を果たしている。『ビルト』の採点は「4」。最低点の「6」が2人、7人が「5」と酷評されたチームで、チーム最高タイの評価となっている。

GOAL 4月18日(月)2時19分配信

香川真司アシスト動画

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

関連コンテンツ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク