米メディアがハンブルガー戦の香川真司に高評価「ドルトムントの中盤で頼りになるヤツ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 19

CgSoviBUMAIDmsK

米メディアが香川真司のプレーを絶賛!

ドルトムントの日本代表MF香川真司は、17日に行われたハンブルガーSV(HSV)戦で先発フル出場。絶妙な飛び出しで相手GKの退場を誘発したほか、全3ゴールの起点にもなり、トップ下の位置で躍動した。リーグ終盤戦に突入後、完全復活の様相を呈している日本のエースに、海を越えて米メディアからも「頼りになるヤツ」「カウンターの煽動者」と絶賛されている。

トップ下に香川を置いたドルトムントは、HSVを相手に盤石の試合運びを見せた。前半38分に香川、DFフンメルスとつないで最後は17歳の新星MFプリシッチが先制点を決める。前半44分には香川がセンターサークル付近でボールを受けたところから攻撃がスタート。一度はボールを奪われたものの、MFサヒンがすぐさま取り返してカウンターを仕掛けると、最後はFWラモスが決めてリードを広げた。

そして後半6分には、ラモスのパスに反応した香川がDFライン裏へ飛び出し、相手GKの退場を誘発。さらに同41分には香川のミドルシュートをGKが弾いたところを、再びラモスが決めて3-0で快勝した。

米スポーツ専門テレビ局「ESPN」がこの試合の採点を公開。香川にはチームで3番目の高評価となる7点(10点満点)を与えている。

寸評では「彼はドルトムントの中盤で頼りになるヤツだった。攻撃面でのカウンターでBVB(ドルトムント)の煽動者だった。堅実なパフォーマンスを見せたが、ゴールを決めるためのラストプレーの成果にはわずかに欠けていた」と評されている。

最高点は初ゴールを決めた17歳のアメリカ代表FWプリシッチの9点。2得点を決めたラモスが8点で続いた。リーグ戦3試合連続ゴールはならなかった香川だが、終盤戦に入ってから力強いパフォーマンスを連発している。ドルトムントにおける立場を再び高め、トゥヘル監督からの信頼も再び掴み取った模様だ。

Soccer Magazine ZONE web 4月18日(月)12時7分配信

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加