【動画】誤審でPKを獲得のビダルにミュラーは「僕はPKとは思わない。ダイブだね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

CgdAVqOUUAACE29

ブレーメン戦のPKについてバイエルンのミュラーがコメント!

ドイツカップは現地時間19日に準決勝の1試合が行なわれ、バイエルンがホームでブレーメンに2対0と勝利。21度目の決勝進出を決めた。

最多17度の優勝を誇るバイエルンと、それに次ぐ6度の制覇を経験するブレーメンがファイナル進出を懸けて激突。バイエルンは30分、シャビ・アロンソのCKからミュラーのヘッドで先制。その後はブレーメンのアグレッシブなプレスに苦しんだが、71分にビダルがエリア内で倒されてPKを獲得する。

この際、映像ではビダルのダイブにも見えたため、判定は議論を呼んだ。それでもこのPKをミュラーが沈め、ブレーメンの戦意を消失させ、バイエルンが決勝へと進んだ。

PKのジャッジについて、ミュラーは映像確認後「僕はPKだったとは思わない。ダイブだね」とコメント。「でも試合中は、ファウルがあったように見えた。非常にリスキーなタックルだった」と、主審がPKと判断したことはやむを得ないとの見解を示した。

ブレーメンのスクリプニク監督は「我々はしっかりとプレーできるし、勇気を示せた」と述べ、問題のPKについては「試合中はファウルに見えた。判断するのは審判で、彼はそうジャッジした」と不満を口にせず。しかし不発に終わった同チームのピサロは、「あれはダイブだった。こうしたことは起こりうるが、主審にはもっと注意を払ってもらいたい」と判定への不満を示している。

決勝進出を決めたバイエルンは、ブンデスリーガでも優勝が近づき、チャンピオンズリーグでも準決勝に駒を進めている。グアルディオラ監督のラストシーズンで、クラブ史上2度目の三冠に一歩近づいた。

ISM 4月20日(水)12時0分配信

ビダルPK獲得動画

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加