フクスが岡崎慎司を称賛「チームは彼が得点できるということをよく理解している」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 17

500040810

レスターのフクスが岡崎慎司について語る!

プレミアリーグ首位を走るレスター・シティは、17日のウェストハム戦で今季22得点のイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが退場処分となり、次節スウォンジー戦は出場停止処分となる。リーグ戦全試合先発していたエースの不在はいたでだが、今季シャルケから新加入したオーストリア代表DFクリスティアン・フクスは「シンジのクオリティーをみんな分かっている」と断言。日本代表FW岡崎慎司を次戦勝利のキーマンに指名している。英BBCワールドサービススポーツで語ったもの。

ヴァーディは2-2と引き分けに終わったウェストハム戦で前半18分に先制ゴールを決めた。しかし、同28分、そして後半11分と2枚のイエローカードを受けて退場となった。その際に感情的になった俊足ストライカーは、ジョナサン・モス主審に対して不適切な振る舞いがあったとして、FA(イングランドサッカー協会)から追加処分を受けることになった。退場処分の場合、通常1試合の出場停止処分が下されるが、出場停止期間の延長が見込まれている。

加入1年目で左サイドバックのレギュラーに定着し、堅守レスターのキーマンとなったフクスは「ヴァーディが次の試合を欠場する。私たちにとっては新たな状況を迎えた。でも、うまく対処できると思うよ」と終盤戦に迎えたチームの窮地にも冷静さを保っている。

フクスはヴァーディ欠場時の鍵を握る存在として、今季公式戦6得点の侍ストライカーの名前を挙げている。

「シンジは今季、チームで重要な役割を担っている。みんな彼のクオリティー、そして、彼が得点できるということをよく理解している」

3月14日のニューカッスル戦での豪快なオーバヘッド弾での決勝弾など印象的なゴールを決めてきた岡崎に対する絶大な信頼を明かしていた。

またフクスはウェストハム戦でも起死回生の同点PKを決めたFWレオナルド・ウジョアについても「彼はベンチからの登場でも、いつもいい仕事をやってくれた。彼はチームで大きな役割を担っている」とスーパーサブとしての役割を高く評価。このアルゼンチン人FWは昨季チームトップの11得点を決めていた。今のレスターの前線には、ヴァーディ以外にも充実した戦力が揃っている。

残り4試合となり、首位レスターは2位トットナムに勝ち点差5をつけている。とはいえ、次節スウォンジー戦後にはマンチェスター・ユナイテッド、エバートン、チェルシーと難敵との対戦を残しており、気の抜けない戦いが続く。奇跡のリーグ初優勝までの残り4試合。粉骨砕身の献身的なプレースタイルが英国でも高く評価される侍ストライカーの爆発に大きな期待が集まっている。

Soccer Magazine ZONE web 4月21日(木)10時50分配信

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加