ブンデスリーガ2014-15前半戦順位が確定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

年内最終戦となるブンデスリーガ第17節がドイツ各地で行われ2014-15シーズン前半戦の順位が確定した。バイエルンはブンデスリーガ史上5度目の前半戦無敗。17試合で4失点はブンデスリーガ新記録となった。岡崎慎司の所属するマインツは2009年の昇格以来最低となる勝ち点18。香川真司の所属するドルトムントは17位と30年ぶりの降格圏内でシーズン折り返しとなった。

m05_fcb_okazaki_ribery_920[1]

1位  バイエルン    14勝3分0敗 勝ち点45
2位  ウォルフスブルグ 10勝4分3敗 勝ち点34
3位  レバークーゼン  7勝7分3敗  勝ち点28
4位  ボルシアMG   7勝6分4敗  勝ち点27
5位  シャルケ     8勝3分6敗  勝ち点27
6位  アウクスブルグ  9勝0分8敗  勝ち点27
7位  ホッフェンハイム 7勝5分5敗  勝ち点26
8位  ハノーファー   7勝3分7敗  勝ち点24
9位  フランクフルト  6勝5分6敗  勝ち点23
10位 パーダーボルン  4勝7分6敗  勝ち点19
11位 ケルン      5勝4分8敗  勝ち点19
12位 マインツ     3勝9分5敗  勝ち点18
13位 ヘルタ      5勝3分9敗  勝ち点18
14位 ハンブルガーSV 4勝5分8敗  勝ち点17
15位 シュツットガルト 4勝5分8敗  勝ち点17
16位 ブレーメン    4勝5分8敗  勝ち点17
17位 ドルトムント   4勝3分10敗 勝ち点15
18位 フライブルグ   2勝9分6敗  勝ち点15

スポンサーリンク

人気記事
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク