香川真司がクロップのリバプールへ移籍?英紙がイニエスタやサンチェスと共に選出!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

英紙がリバプールの来季補強特集に香川真司を挙げる!

ドルトムントの日本代表MF香川真司は2018年6月に契約満了となる。その去就問題に注目が集まるなか、英メディアはプレミアリーグ強豪リバプールの来季補強特集を展開。香川はバルセロナの天才司令塔アンドレス・イニエスタ、アーセナルのチリ代表MFアレクシス・サンチェスら世界屈指の名手と並び、堂々の選出。恩師ユルゲン・クロップ監督と運命の再会を果たす可能性が報じられている。

「再会」という枠で ドイツの「小さな魔法使い」こと、香川の名前が挙がった。「日本のクラブ、セレッソ大阪から、わずか35万ユーロ(約4200万円)でユルゲン・クロップのドルトムントが獲得した。ブンデスリーガに復帰する前にはマンチェスター・ユナイテッドでプレー。クロップのチームで何が必要か彼は正確に理解している。そして、まだ28歳になったばかりだ」と、クロップイズムの体現者として評価されている。

香川とクロップの絆は有名だ。2012年夏シーズンにユナイテッド移籍した際は2人で号泣して抱き合ったことをクロップ監督は明らかにしていた。そして、ユナイテッド移籍後にデイビッド・モイーズ元監督の前時代的なクロスとロングボール主体の戦術でベンチを温める日々を送り、名将クロップは「心が張り裂けそうだよ」と悲嘆に暮れていた。右足首の故障も癒え、復調傾向の香川はリバプールでプレミア再上陸を果たすのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170329-00010024-soccermzw-socc&p=1

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク