セレッソ大阪が今夏にセビージャと対戦!清武弘嗣の古巣クラブとの交渉が大詰め!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

セレッソ大阪がセビージャとのビッグマッチを模索!

C大阪が今夏、スペインの強豪セビリアとの強化試合を計画していることが24日、分かった。複数の関係者によると、すでに正式に開催を要請しており、交渉は詰めの段階に入っているという。欧州クラブとの試合が実現すれば、13年7月26日のマンチェスターU戦以来。1月までセビリアに所属していた日本代表MF清武弘嗣(27)にとっては古巣との対戦になり、注目を集めそうだ。

欧州クラブとのビッグマッチを実現するため、再びC大阪が動き出していた。今年から7月15~23日にJ1でサマーブレイク(中断期間)が導入されたことから、早い段階から強化試合の調整に着手。かつて清武の在籍したセビリアとクラブ間で交渉を進め、複数の関係者によると、すでに大詰めの段階に入っているという。会場は4万人以上を収容できるヤンマースタジアム長居を押さえている。

セビリアは現在、第33節を終えた時点で4位。近年はバルセロナ、Rマドリード、Aマドリードなどに次ぐ存在として上位争いに加わり、13―14年から昨季まで欧州リーグで3連覇を果たした。サンパオリ監督のもとでアグレッシブなサッカーを展開し、今季は欧州CLでベスト16に進出。フランス代表MFナスリら実力者を多くそろえる。

セビリアとの対戦が実現すれば、13年7月26日のマンチェスターU戦以来の欧州クラブとの試合になる。清武にとっては1月まで在籍した古巣との一戦になるだけに、サポーターのみならず全国的に注目を集めることは間違いない。一方で、セビリア側とは交代枠の増加なども交渉中。クラブ関係者は「若手も試合に出られたら、良い経験になる」と話している。

変則日程で7月22日に浦和戦(ヤンマー)が組まれているため、セビリア戦は同15~19日あたりで計画している。MF乾が在籍するスペイン1部エイバルへのサッカー留学を検討するなど、クラブOBの縁などを生かし、積極的に海外との交流を続けるC大阪。4年前のマンU戦では、4万4856人もの観衆でスタジアムが埋め尽くされた。今度はスペイン屈指の強豪とぶつかり、真夏の大阪を熱くさせる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00000068-spnannex-socc

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加